想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

星が森に帰るように自然に消えていく・・・

先日、利用者さんが一人長期入院で退所されました。

本来なら、近日中に退院される方向でと思っていたんですが、残念ながら自分を含めた当施設スタッフの面談時の言動に不信感を抱き、退所となりました。


ご家族からのお話で言われた
〇護〇さん(某職種名)は遠回しに退院してこないで欲しい、受け入れたくないと言っているように思いました
の言葉にハッとさせられました。

隣で聞いていて、ご家族がそう感じるのも無理はないな~とは思いましたが、私にはそれを制止することができず・・・


正直なところ、今回の利用者さん本人のことを第一に考えたら、当施設に戻ってくるよりも今入院している医療機関にいた方が幸せかなって思ったのも事実です(家族は言っていない)

もし、あのとき救急車で別の医療機関に搬送されていたら、きっと今頃はお空に旅立っていたかもしれない。
せっかく一命を取り留めて、少しでも長く生きられるよう処置を施してくれたのだから、もう少しきちんと医療機関で看てもらった方が・・・きっと利用者さんにとっては良いのではないか?

私はそう思っていますが、本人やご家族は一体どう思っているのだろうか・・・





昨日、退所した利用者さんの荷物を片付けていたら、昨年秋にご家族がそろって写っている写真が出てきました(当園が撮影したもの)。ご家族から本人へ宛てた手紙も一緒に入っており(中身は読んでいません)、なんだかそれらを見ていたら目頭が熱くなり・・・


今日、その手紙と写真を持って入院中の元利用者さんのところへ行って見せたら、元利用者さんの今後の生きる活力になるかも?って思っていたけれど、それって結局自分が勝手に都合良く思って自己満足に浸っているだけであって、元利用者さんやご家族からしたらとても迷惑なことかもしれないと思って、結局止めました(昨日までの疲れでいろいろと力尽きてしまい、今日一日ほとんど起き上がれなかったのもあるけれど)。
写真とお手紙はご家族にそのままお返しして、それをどうするかはご家族にお任せしようと思います。



利用者さん、家族一人一人の思いにより添っていたら施設として経営が成り立たない、仕事が複雑化し自分たちの手間が増える・・・
それでなくてもよその施設からあの施設(うちの施設)は〇〇師が幅をきかせているとうわさされているのに、今回図らずもそのことをご家族にさらしてしまうイヤな機会になりました(苦笑)。



もっと少人数の所で、それぞれの思いに寄り添う仕事がしたい、そう強く願うのでした。







何かを求める君は今も 欲しいもの見つからない
誰かが求める君になれず 同じ場所さまよってる

やさしいだけじゃ現在を生きられないと
言われた君はやさしさと自分まで失くした

たとえ今 孤独が君を引き裂いて全て消そうとも
溢れそうな想いはいつも受けとめる人を探してる
本当の自分を出せる大切な場所を求めてる
誰ニモ言ワズエガオノママデ



聖飢魔Ⅱ エガオノママデ
関連記事
[ 2017/03/26 21:53 ] 私的備忘録 | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

どんちゃん

Author:どんちゃん
仕事上の表の顔(*'-'*)エヘヘとプライベートな裏の顔ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!を巧みに使い分ける?三十っ路ブルーな特養介護職員・・・でした。

29歳でヘルパー2級を取得後、介護福祉士・福祉住環境コーディネーター2級・介護支援専門員・社会福祉主事任用資格と意地になって取得していきました。

そして昨年、おかげさまで認知症ライフパートナー検定基礎検定に合格できました。

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
381位
アクセスランキングを見る>>