傷つくだけ傷ついて、分かったはずの答えをどうしてまだ問いかけている・・・

  想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~のナビゲーター   トップページ > 仕事 > 激動の2月  

激動の2月

2017 - 02/19 [Sun] - 23:23

2月・・・と言うよりこの10日あまりで利用者さんが3人お亡くなりになりました。

悲しみに暮れる暇もなく、亡くなった数時間後には冷静に冷酷に次の入所者の手配をする・・・

新しい人の契約手続きを進めると同時に退所手続きと弔電を作成しなければいけない。

そして、そこにはいろんな感情が入り乱れ・・・


経営を考えたら亡くなったその日にでもすぐに次の人を入所させたい気持ちも分からなくはないけれど、入所待ちをしている人からしたら、今日電話来て、今日・明日にでも入所してくれって言われたら、自分の身内がそのようなことを言われたら、多分ぶち切れるだろうな~って(苦笑)。
在宅生活が継続できなくて、本当に困っていて今日からでも入りたいって言う人がいることは確かだけれど、他施設や病院に入っている人なんて、誰が次の日からはい、どうぞ!って退院や退所をさせてくれるところなんて普通ないでしょ。相手だって責任があるんですから。
自分の事業所の利益だけを考えて、相手の事業所や病院、何よりこれから入ってくる利用者さんのこれからの人生を全く考慮していないんじゃないかと!

そんな仕事に関わっている自分が本当にイヤなんです。




先週3日続けて新規入所者が入ってきて、そのうちの一人からなぜか先生と言われるようになってしまったんですが、その方との会話で「先生はご飯食べたの?・・・」
自分が先生とは思っていなくて少し考えて
「もしかして僕のことですか?僕はこれから食べますよ」と伝えると、

「兄さんは私の先生みたいなものだから・・・」

このやりとりを聞いて、うれしいような妙に重圧を感じるような気も・・・


私は先生と呼ばれるような仕事はしておりませんし、頼られるのはうれしいんですけれどね・・・。


新しい入所者からしたら、施設内でその方のことを一番分かっているのは紛れもなく自分だったりするわけだけど・・・



最初は毎日のように声をかけるのだけれど、釣った魚になんとやらで、そのうち会釈程度で済ませるようになるんだろうな。

関連記事

どんちゃんさま

仕事をしていると やりきれないことって
沢山出てきますよね

お忙しいどんちゃん様だけど
入所者様のために
笑顔を忘れず頑張って下さいね^^

ひこやんさんへ

いつもありがとうございます。
この仕事をしているとやりきれないことばかりです(苦笑)。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

どんちゃん

Author:どんちゃん
仕事上の表の顔(*'-'*)エヘヘとプライベートな裏の顔ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!を巧みに使い分ける?三十っ路ブルーな特養介護職員・・・でした。

29歳でヘルパー2級を取得後、介護福祉士・福祉住環境コーディネーター2級・介護支援専門員・社会福祉主事任用資格と意地になって取得していきました。

そして昨年、おかげさまで認知症ライフパートナー検定基礎検定に合格できました。

最新記事

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2789位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
543位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

最新コメント

カウンター

検索フォーム

よくお邪魔しているブログです

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

フリーエリア