fc2ブログ

== 私的備忘録 ==

今日から新年度~さよなら副主任~

今日は4月1日です。

組織によるでしょうが、4月が新年度のスタートのところも多いですよね?

私の所属する法人でも4月1日付の人事が発表になり、1日は日曜日なので2日に辞令交付があります。

少し前の記事で書いたとおり、副主任からは外れることとなりました。



この職場に入って4月で丸10年になります・・・








この記事を書くに当たって、過去の記事を読み返していました。

10年前に介護職に復帰したときに、こんなことを書いていました。

周りをすべて囲まれて、もう絶対に後戻りは出来ないという状況になったけれど、それでもまだ迷いはありました。正直初日は行きたくなかったし。



果たして俺なんかが介護職をやって良いものなんだろうか?しかもよりによって特養・・・大丈夫なのか?俺・・・



ずっと自問自答の日々でした。いや、数日たった今でも果たしてこれで良かったんだろうかと自問自答の日々です。


周りの職員は口では「ゆっくり覚えてね」と言うけれど、現実はやはり元特養経験者と言う目で見られるのでかなりのプレッシャーがかかっているし、来週後半にはシフト上強制一人立ちになるので、あと数回の勤務ですべての利用者の名前と顔の一致はもちろんのこと、ADLや介助方法、服薬状況と業務内容をすべてを頭に叩き込み把握しなければいけないのかと思うと正直ゾッとしています。やはりそこは万が一のことがあると死に至ることもありますので。



今までに比べたら名前と顔の一致はかなりハイペースで覚えています。そうしないと同期入社は3月後半から研修に入っているのに、一人だけ前職の都合で数日前から働き初めてスタートが遅れているので、そう言う意味でもプレッシャーはあります。



しかし、ここで押しつぶされるわけには行かないんです。それは決してお金のためではない。第一給与面だけで見れば前職に比べてかなり下がるし、正職員への道はあるけれど(今は準職員)将来のことを考えても???な部分もたくさんあるけれど・・・。




すべては見ず知らずの新人職員の僕に身を預けてくれる利用者さんのため。



誰だって知らない人になんかされるのって嫌だと思うんです。好き好んで施設で暮らしている人なんてほとんどいないだろうし、誰しも他人に下の世話なんかされたくないと思う。なのに、内心嫌だろうし拒否も出来るのにあえて僕に身を預けてくれる利用者さんのため。




別に格好つけて言っているわけではない。だってそれが僕の本当の胸の内。だからこそプレッシャーに押しつぶされることなくそれを撥ね退けてやるしかないなって。



この道に戻った理由は、僕を待っていてくれる、必要としてくれている利用者さんのため。ただそれだけのこと。



10年前はまだピュアな心を持っていたんだな~って、自分で書いた文なのになぜか涙が止まりませんでした。
あの頃はこんな情熱を持って仕事をしていたんだな~って...( -_-)遠い目

>プレッシャーに押しつぶされることなくそれを撥ね退けてやるしかないなって。
なんて書いてあるけど、結局プレッシャーに押しつぶされちゃったしね(苦笑)。



自分はいつだって利用者の立場に立って仕事を進めていかなきゃいけないと思っていました。
それは決して利用者の言いなりになるわけではない。できることはできる、できないことはできないとはっきりさせなくてはいけないんだけれど、介護の仕事をしていると職員の都合の良いように進めてしまうことが多々あります。
業務の都合上や人的要因やコスト的な問題、利用者の家族の問題、環境の問題等いろいろ絡んでくるので、利用者本位とはなかなか軽々しく口にできませんが、自分はせめて利用者本位の職員でありたかった・・・


そう思っていたけど、10年掛かっても結局所詮それすらできませんでした・・・

長いものに巻かれた結果とも言えますが、所詮自分はその程度の人間。


先日ある利用者さんから虐待疑いの話しをされました。
私自身虐待は一切したと言う認識はありませんが、(利用者の)危険を回避しようとつい声を荒げてしまったこともありました。それも虐待だと言われればそれまでですが。
今回お聞きした話もその類いだと思われます。現場を見たわけではないですが、声だけで判断するとそのように思われてしまうこともあるかもしれないなって自分でも改めて反省した次第です。決して怒って言っているわけでもないし、威嚇しているわけでもないけれど、夜間は50人+αの利用者さんを2名の夜勤介護職員で見ているので、みんなが認知症ではないですが、夜間覚醒し興奮される利用者(耳が遠い方も)からのナースコールが複数重なると、職員は瞬時にナースコール優先順位に従い右へ左へと走っている時に、ちょっと待っててくださいと文字にしたら普通かもしれないけど、きっと口調は荒くなっていると思うんです。
みんな頭では分かっていると思うんです。でも、きっと心に余裕がなくなると言うのも理解できます。


だからといって虐待して良いとは思いませんし、もちろんしてはいけません。

とはいえ、介護の仕事をしている人は、何を言われてもヘラヘラ笑ってやり過ごさなければいけないのか?叩かれても蹴られてもつばを吐かれても罵倒されても、人格を否定されてもじっと我慢しなければいけないのでしょうか?

我々だって利用者や家族と同じ心を持った人間です。
腹の立つことだってあるし、我慢にも限界ってものがあります。ただ、相手を傷つけたり殺めたりするのはいけません。そういう場面に出くわしたら、違う人にバトンタッチさせるとか、フォローに入るとかしないと、この業界に入ってくる人はみんながみんな心が強い人とは限らないんです。
これはあなたの(勤務時間帯の)仕事なんだからあなたが最後まで関わって!
なんてやっていたら、本当に誰もいなくなりますよ。

そんなことばかりやっているから退職者が相次ぐのではないでしょうか?


なんて偉そうなことを言いながら、自分も事務仕事に忙殺されていて、フォローを頼まれたらイラッとしてしまう日々を過ごしています・・・

所詮こんな程度の自分なんで、この業界にいるべきではないと思い続けて早数年・・・。2012年に介護支援専門員と社会福祉主事任用資格を取得した時点ですべては終わったと思っていたのに、あれから気がつけば6年。意地だけで取った介護支援専門員の資格を更新することになるとは夢にも思っていませんでした。



この10年、本当にいろいろなことがあったし、2014年4月からの副主任というポジションからも外れることになったけれど、残念ながら職場の異動にはなりませんでした。


これからの私の仕事は、新たに入職する2人の若き生活相談員を1年かけて育てること。
そしてクレーマー入所者を追い出すこと!!
障害者を馬鹿にするなだと!馬鹿にしてませんし(亡き父は身体障害者でしたし)、そもそも障害を持ったら他人の人格を否定するような言葉で罵倒しても良いのですか?あなたのご家族から私は名誉を毀損されていますが、何か!



燃え尽きかけた四十っ路ブルーなおっさんにどこまでできるか分かりませんが、こんな僕でも信頼してくれる利用者さんや家族がいる限り(確実に目の敵にされている方もいらっしゃいますが)、燃え尽きるその日までがんばっていけたら良いなと思っています。




関連記事

┃ テーマ:ちょっとした報告 ━ ジャンル:日記

┗ Comment:8 ━ 00:00:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

こんにちは

どんちゃんさん、募るものがいっぱいありますね。
ちょうどタイミングよく、うちの記事でも虐待について取り上げていました。
一概に言えませんが、全国の介護士は一生懸命やっている方の方が圧倒的に多いです。中には介護抵抗が酷く、職員は傷や痣だらけで頑張っている人もいます。特に認知症重度な方は、排泄や入浴ケアに一苦労するため、何も分からない方から見れば虐待と間違われる事も・・・
介護士も同じ人間、そのシーン毎に色んな感情もあります。50数人を2人で見ている夜勤体制や、職員の待遇=生活など、制度を考えている人達は本当に現場を理解しているのか?と声を大にして言いたいです。

私も現場にいる頃は、噛みつかれ、殴られ、腰を痛め・・・なんでこんな事をしてまで介護をしているのだろう?と自暴自棄に何度もなりました。言葉は悪いですが、『こんな事やってられるか!他にも仕事はある』などと心の中で思っていました。もちろん、それを弱者である利用者さんに当たっては、これこそ虐待になるので、毎回ストレスを溜めながら我慢していました。
こんなに一生懸命に仕事しているのに、クレーマー家族などもいると、本当に心のやり場がありません。
但し、それとは間逆で心優しい理解があるご家族に出会えたり、とても気持ちの良い利用者さんと出会えると、また頑張る力が沸いてきます。

今は、お互いの合意の下の契約なので、そのクレーマーさん、本当にイヤなら契約解除して他を利用されるか、自分で介護すれば宜しいかと思います。

スミマセン長々とコメントして・・・
芽吹さんへ
こんばんは。いつもありがとうございます。

職員が利用者から暴力を受けても病気だからしかたないで済まされますが、
その逆はすぐにニュースになりますからね。
先頃、認知症を患っている利用者が、家族の方に職員に手をひねられたと
言ったため、家族が血相を変えて怒鳴り込んできたことがありました(苦笑)。
利用者自身がかゆみを訴え掻きむしって痣になったところを家族が見て、
虐待を疑われたわけですが・・・。
自分が現場にいたときは結構な頻度で腕は痣だらけでした(笑)。
燃え尽きちゃダメだよ・・・
一所懸命頑張っている人間が燃え尽きちゃダメだよ。
燃え尽きても何もいいことないからね。

一所懸命生きている人のお手伝いをするのが福祉だと思います。
ご自分を大切にしてくださいね。
ぽぽさんへ
いつもありがとうございます。
燃え尽きたくはないと思って入るんですが、心身ともに疲れ果ててきています。
自己犠牲の下に福祉が成り立つ時代ではないはずなんですが・・・。
大変ですよ
義父が日に日に進む認知症で、ついに紙おむつになり、
これから先どんどんわからなくなると思うと、一人で
面倒を見るなんて考えられない、施設に入ってもらうしかないと
考えてしまいます。
義父は穏やかな人柄なので最小限の迷惑しかかけないだろうけど、
私の実母は入院中ですが、機嫌が悪いと返事もしないようですし、
看護師さんに迷惑をかけてるんだろうなと感じています。
自分で面倒を見ていないのに職員の方たちにクレームを
言える人ってすごいですよね。
自分で面倒見ろと言いたい。
本当に介護士さんも看護師さんもみなさん一生懸命に
お仕事されてるなと感じています。
どうぞ自分が壊れるほど頑張らないでくださいね。
わんわんママさんへ
いつも訪問ありがとうございます。
十人十色の考えがあるのでなのでいろんな人がいて当たり前なんですが、
さすがにここまで来ると我慢の限界を感じています。

わんわんママさんもあまり無理なさらないでくださいね。
どんちゃんさんへ!!
今介護申請中の身である私からみて如何に介護職の苦労が大変かと深く感銘いたしました。自分では認知症には絶対ならないと思っていますが、入所の人もそうォ思そう思っていたのでしょうね。昔マージャンを良くやりましたが認知症になり辛いと言われていました。笑)下の世話だけはしたくはありませんし、してもらいたくありませんですねー。この問題は何とかならないのでしょうか?特別職公務員に高給を払いませんと正直何時かは皆さん辞めていくのではないでしょうか謎)
人生の終末を預かる大事な仕事ですが、一般職より月10万円も低い給料と先日新聞に公表されました。是が真逆にならなければなりません。!涙を禁じえませんでした。頑張ってください。☆
荒野鷹虎さんへ
いつもありがとうございます。
人は誰しも認知症にはなりたくないと思っている方がほとんどだと思いますが、現実はなかなか・・・

>麻雀をやっていると認知症になり辛い
これまで関わってきた利用者さんにも麻雀をやっている人はいましたが、残念ながら・・・(苦笑)。

>一般職より月10万円も低い給料
もっと低いですよ(笑)。





        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next